バーニングシップフラクタル8・建造物の深層

 

全体図左下、燃える船のあたりを拡大します。

 

燃える船と2番目に高い塔の間にある塔のあたりを拡大します。

どんどん小さい塔を拡大していってみましょう。

 

拡大すればするほど細くなっていくようです。

一番高い塔の根元付近を拡大します。

 

 

計算回数を多くして詳細を見てみます。

光る部分の左側の柱を拡大します。

奥の薄く細い柱を拡大します。

 

一本を拡大してみます。

表面を見てみます。

表面に模様が見えます。

さらに拡大してみましょう。

さらに細い柱が集まってできているようです。

計算回数を多くしてみます。

あまり変化がありません。

所々に斜めの線が入っています。

 

バーニングシップフラクタルの式からどうやってこのような模様ができるのか、いずれ解明してみたいと思います。