本体の一番右にある、2番目に大きい島を拡大していきます。

島の右端を拡大します。

どんどん拡大してみましょう。

似たようなパターンが続いていきます。

こういった対称的な島がたくさん浮いているのが、複素数平面の海の特徴です。

花のような目のようなパターンです。

計算回数を多くしてみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。