バーニングシップフラクタルの本体です。

左端に燃える船があります。

今回は右上に小さく見える島を拡大してみましょう。

島の上部分を拡大します。

右の4つ並んでいる丸い部分を拡大します。

以前、燃える船の下のマグマを拡大しました

それと似たような模様が見えます。

バーニングシップフラクタル本体と似たような模様です。

左方に黒っぽい部分があります。

拡大してみましょう。

バーニングシップフラクタルは建築物のような模様が特徴的です。

上の2つの画像のように、曲線で囲まれたような形が特徴的です。

ところが、今回拡大して出てきたような、形が明瞭でない模様も見かけます。

以前の拡大でも、ノイズのような不明瞭な模様が見かけられました。

複素数平面の海に比べると明確な模様が少ないようです。

その分、きれいな形を見つけると喜びも一入です。